仙台、東北でホームページ制作やWEBデザイン、アプリ制作を依頼したいなど
コンテンツの制作、運営に関するご相談は仙台市の株式会社ピクセルへ

企業理念Idea

企業理念Idea

企業理念「明るく楽しく社会貢献」

「明るく」の意味には、ポジティブや朗らか、楽しいと言った意味も当然あります。

しかし、例えば仕事の料金に対する透明性や、雇用時の待遇など、社外の皆様が抱かれる不安に対しての「明るさ」を特に重視したいと考えております。

社員やお客様、取引先様が明るく楽しく日々を笑顔で過ごせること。
あくまでもそれが第一だと考えます。

澄んでいない心で、社会に貢献する事は難しいと思います。 自らも楽しみながら、少しずつ、小さな事からでも、社会貢献のマインドが根付いた企業でありたいと思っております。

「ピクセルに関わっていると、なんか楽しい」
たくさんの人に、そう言っていただける企業を目指します。

 

ビジョンとミッションVision&Mission

日本人らしいクリエイティブ思考の伝承を目指して

「ものづくりの日本」

なんて言葉が数年前から聞こえ、一人歩きしている気がします。
しかし様々なモノづくりのシェアが、他の国に奪われているのが現実です。

また、これまでの産業の歴史を紐解くと分かるように、日本、日本人はゼロからモノを生み出す事は、決して得意ではありません。
ゲーム &ウォッチの産みの親でもある横井軍平氏による、以下のような言葉があります。

"枯れた技術の水平思考"

この言葉が指す「枯れた技術」とは、「最先端の技術ではないけれど、すでにノウハウもあり、安定して使える技術」のことであり、「水平思考」とは、考え方の方向性を変えて、新しい使い道を考えると言う事です。

それこそが、高度成長期の日本を支えた、本来の得意技ではないでしょうか?
すでに「モノ」は十分過ぎるほどに溢れた社会です。
モノづくりは視点を変え、「足るを知る」事も視野に入れ、考え直す時期に来ている、いえ、とうの昔に到達しているように思います。
これまでも様々な方々が警鐘を鳴らしたように、新しいモノを産み出すため、全ての企業や社会が終わりなき競争の中に身を置き、不毛な時間を浪費しています。

「古いものは全て良い」とは言いませんし、新しい技術を否定する気もありません。
しかし、古いものと新しいものが出会う事で創造出来る、まだ見ぬ価値はまだまだたくさんあると思います。
新しい価値の創造のため、古きを知る、基礎を知る事はとても意義のある事です。

イベントやWEB、ゲームなどの事業を通じて、そんな機会や体験を創出することこそ、弊社のビジョンであり、日本らしいクリエイティブが新しいステージに進んで行くことを目指し、少しでもそこに貢献出来ること。 それが私どもの最終的なミッションです。

 

株式会社ピクセル代表取締役 
佐々木英州(ささきひでくに)

 

ページ最上部へ